くらし情報『見逃さないで!子供のストレス症状。普段の言動に隠れるSOSとは』

2021年10月28日 14:40

見逃さないで!子供のストレス症状。普段の言動に隠れるSOSとは

この記事では、子供がストレスを感じている可能性がある症状をご紹介します。ストレスは普段の言動に表れやすいため、できるだけ見落としたくないものです。

成長するにつれ、さまざまな環境で生きていく子供たちは、自分でストレスに立ち向かう力も必要です。子供の頃から、ストレスや問題を乗り越える方法などをアドバイスしてあげましょう。子育て世帯の方はぜひ参考にしてください。

子供がストレスを感じると現れる症状とは?

目次

・子供がストレスを感じると現れる症状とは?
・子供のストレスを感じたらどうする?
・幼児期はストレスの認識や発散が難しい
・子供の気持ちに寄り添い、見守ることも大切
見逃さないで!子供のストレス症状。普段の言動に隠れるSOSとは


子どもの様子がなんだかいつもと違う?と感じたときは、子どもがストレスを感じている可能性もあります。まずは、子どもがストレスを感じているときに起こりやすい症状をご紹介します。

体調不良を引き起こす
ストレスを感じることで、お腹が痛い、頭が痛い、吐き気などの体調不良を訴える子供もいます。しかし、その体調不良がストレスからくるものなのか、病気なのかの判断は難しいものがあり、頭を抱える親も多いでしょう。

行動や感情に変化が見られる
体調不良のほかにも、普段の行動や感情に変化が起こる場合もあります。

たとえば、暴力的になったり、落ち込みやすくなったりと感情の起伏が激しくなるのも一つの症状です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.