くらし情報『ママのせいじゃない! 発達障害を持つ子どもの偏食。原因と対策を解説』

2021年10月30日 10:23

ママのせいじゃない! 発達障害を持つ子どもの偏食。原因と対策を解説

子どもなら誰にでもある、食べ物の好き嫌い。しかし、発達障害を持つ子どもの偏食は、比べ物にならないほど強く偏っていることがあります。この記事では、発達障害を持つ子どもの偏食の原因や対策について解説します。食べ物の好き嫌いはワガママだと捉えられがちですが、実は発達障害の特性が強く影響しているのです。

発達障害を持つ子どもの偏食とは

目次

・発達障害を持つ子どもの偏食とは
・発達障害を持つ子どもが偏食する3つの原因
・発達障害を持つ子どもの偏食対策
・発達障害を持つ子どもの偏食はママのせいじゃない
ママのせいじゃない! 発達障害を持つ子どもの偏食。原因と対策を解説


発達障害を持つ子どもの多くに見られる偏食。特定のものしか食べられない、よくわからないものは口にしないなど、単なる好き嫌いとは比べ物にならない、極端な偏り方をみせます。成長に欠かせない栄養素を摂ることができず、成長期なのに体重が減少してしまう子どももいるそうです。

ただの好き嫌いなら時間や経験が解決してくれるかもしれませんが、発達障害の子どもの場合はそうもいきません。その子どもが持つ障害の特性を理解し、対策しなければならないからです。

発達障害を持つ子どもは、どのような理由で偏食するのでしょうか?

発達障害を持つ子どもが偏食する3つの原因

ママのせいじゃない! 発達障害を持つ子どもの偏食。原因と対策を解説


発達障害を持つ子どもの偏食には、以下3つの原因があるとされています。

1.感覚過敏
発達障害の多くの人が持つ「感覚過敏」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.