くらし情報『大きくなったなぁと思う時』

2021年10月25日 10:14

大きくなったなぁと思う時

『おとなになる日』(シャーロット・ゾロトウ:文、ルース・ロビンス:絵/童話屋)

大きくなったなぁと思う時


ティモシーは、お兄さんのジョンのあとをくっついて離れません。でもお兄さんにしてみれば、ちっとも遊び相手にならず、足でまといなだけです。本を読んでいれば邪魔をしにくるし、洋服を着るにもご飯を食べるにも「ぼくもぼくも」とうるさいのです。そんなある日、ジョンが学校から帰ってみてみるといつものようにティモシーが飛び出して来るかと思えば……。いったいどうしたのでしょう。そしてジョンがお兄さんとして取った行動とは。大きな成長には、なにも一大イベントが必要なわけではありません。成長のための養分は、日々の積み重ねの中に、じつに多く含まれているものです。シンプルながら子どもの成長を見事にとらえた展開に、心温まらないではいられません。幼児から楽しめます。

『おおきな木』(シェル•シルヴァスタイン:文/あすなろ書房)世界各地で読み継がれたロングセラーの、村上春樹さんによる新訳です。

大きくなったなぁと思う時


少年と、大好きな「おおきな木」との一生に渡る深い友情物語。少年は木によじ登ったり隠れんぼをして遊び、実がなれば頬張り、木陰で休みもします。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.