くらし情報『うちの子どもは文系? 文系脳にも理系脳にも必要なこととは?』

2021年12月11日 10:42

うちの子どもは文系? 文系脳にも理系脳にも必要なこととは?

まだ話ができない子どもの場合でも、「ママごはんなの」と言うのではなく「ママは今、ご飯を食べているよ」と言葉を文章にして声かけしていきましょう。子どもにとっていちばんのお手本であるママがそう話し続けることで、お子さんはいつか自然に文章で話せるようになっていきます。

耳だけで聞くクセをつけさせる
インターネットやyoutubeなど無料でたくさんの情報が手に入る時代ですが、あまり頭に入っていなかったり、理解していなかったりする経験はないでしょうか? 視覚メインの映像では、どうしても情報入手を目に頼りがちになってしまい、しっかり読んでいる、聞いているつもりでも目で文字や映像を追うだけになってしまいます。

子どもが話を聞ける年齢なら、ママが声だけで本読みをしてあげたり映像はオフにして音声だけを流してみたりしましょう。視覚が使えない分、聴覚だけに集中させることができるので文章や言葉の意味、またその話の中で何が大事なことなのかをしっかり捉えようとするトレーニングができます。

読解力を身につけ、文系でも理系でも夢を叶えられるよう育てよう

うちの子どもは文系? 文系脳にも理系脳にも必要なこととは?


文系・理系問わず必要な読解力。一流企業の大人でも3人に2人しか正確に文章が理解できていないという現状もあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.