くらし情報『第12回 「ゆとり」があるからつながる社会』

2021年11月28日 09:22

第12回 「ゆとり」があるからつながる社会

フィジー人は「世界一フレンドリーな国民」とも言われています。
フレンドリーとみるか、馴れ馴れしいとみるか、その感じ方は人それぞれですが、彼らは距離感を詰めるスピードはとにかくすごいのです。

まだ僕が独身だった頃、フィジーのスーパーでレジへ精算にいくとレジ係のお姉さんが話しかけてきました。

「どこから来たの?」「日本です」「結婚してるの?」

初対面のレジのお姉さんが二言目に「結婚してるの?」と質問してくるのは驚きです。戸惑いながらも会話を続けます。

「まだです」「いくつなの?」「31歳です」「31歳で独身? かわいそうに……。だれか紹介しようか? 私は結婚してるから無理だよ(笑)」

初対面の人に「かわいそうに」と言われます。他人のプライバシーに躊躇なく土足で踏みこんできます。

スローな会計を済ませて外に出ると、今度は赤ん坊を胸に抱いた50代くらいのフィジー人のおばさんと目が合いました。その瞬間です。

「この子、私の孫よ。めっちゃかわいいでしょ」

突然おばさんが話しかけてきました。「そうで……」と私が相槌を打つ前に、今度はおばさんと一緒にいた親戚らしき女性3人が同時多発的に話しかけてきます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.