くらし情報『赤ちゃんの爪の長さはどれくらい?爪切りを始める時期や頻度を紹介』

2021年11月27日 15:20

赤ちゃんの爪の長さはどれくらい?爪切りを始める時期や頻度を紹介

赤ちゃんの爪は、大人と違い随分伸びるのが早いです。この間切ったのに!と驚くママも多いのではないでしょうか。この記事では、赤ちゃんが爪切りを始めるタイミングや爪切りの頻度をご紹介します。赤ちゃんの爪切りでお悩みのママは、ぜひ参考にしてください。

赤ちゃんの爪切りは生まれてすぐから

目次

・赤ちゃんの爪切りは生まれてすぐから
・赤ちゃんの爪はどのくらいの長さに切る?
・爪切りの頻度は?
・爪が伸びるとトラブルに!こまめにお手入れしよう
赤ちゃんの爪の長さはどれくらい?爪切りを始める時期や頻度を紹介


赤ちゃんの爪はいつ頃から切るべき?と疑問に感じているママも多いかもしれませんが、赤ちゃんの爪切りは産まれてすぐから必要です。ここでは、赤ちゃんの爪事情を紹介します。

お腹のなかで爪が伸びていることも
ママのお腹のなかですくすく成長して産まれてくる赤ちゃんは、もちろん爪も成長しています。そのため、産まれたときにはすでに爪が長い赤ちゃんもいるでしょう。産まれたばかりの赤ちゃんは、無意識に手で顔を擦ってしまうこともあるので、爪で顔を傷つけてしまうことがあります。爪が伸びている場合は、早めに切ってあげましょう。

赤ちゃんの爪はどのくらいの長さに切る?

赤ちゃんの爪の長さはどれくらい?爪切りを始める時期や頻度を紹介


小さな小さな赤ちゃんの爪は切るのが難しく、深爪をして指を傷つけてしまう可能性もあります。ここでは、赤ちゃんの爪を切る際の適切な長さをご紹介します。

白い部分を0.5mm~1mm程度残す
爪は長すぎても、短すぎても良くないため、適度な長さを保つことが大切です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.