くらし情報『赤ちゃんの爪、失敗しない切り方やタイミングは?長さや形にも要注意』

2021年11月26日 09:00

赤ちゃんの爪、失敗しない切り方やタイミングは?長さや形にも要注意

産まれたばかりの小さな赤ちゃんの爪切りは、手を切ってしまいそうで怖い!と感じる方も多いでしょう。赤ちゃんは急に手を動かすこともあるので、失敗の経験がある方も多いかもしれませんね。この記事では、失敗しない赤ちゃんの爪の切り方やタイミングをご紹介します。

失敗しない赤ちゃんの爪切り法

目次

・失敗しない赤ちゃんの爪切り法
・爪切りを嫌がるときはどうする?
・失敗しにくい赤ちゃん用爪切り
・赤ちゃんのためにも、こまめな爪のお手入れを
赤ちゃんの爪、失敗しない切り方やタイミングは?長さや形にも要注意


ここでは、失敗しない赤ちゃんの爪切り方法をご紹介します。赤ちゃんの爪切りが苦手なママはぜひ参考にしてください。

数回に分けて切る
一度に全ての指の爪を切り終えたい気持ちもわかりますが、赤ちゃんはなかなかじっとしてくれないので、失敗してしまう可能性もあります。寝ている間に少しずつ切ったり、おもちゃに集中している間に切ったりと、数回に分けて切るのがおすすめです。

両端真ん中の順で切る
爪の切り方にもコツがあります。まずは、両端の角の部分を切り、それから真ん中部分を切ります。尖っている部分があれば、微調整をしながら整えてあげましょう。角があると顔を傷つけてしまうこともあるので要注意です。

しっかり指を固定する
赤ちゃんはどうしても動いてしまうことが多いので、しっかりと指を固定して切ることが大切です。寝ているからと安心していても、急に動き出すこともあるため、油断せずにしっかり指を持ってから切るようにしましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.