くらし情報『親の過干渉は子供にどんな影響があるの?毒親にならないための注意点』

2021年11月28日 15:24

親の過干渉は子供にどんな影響があるの?毒親にならないための注意点

子供のためだと思い、ついよかれと思ってあれこれ口や手を出してしまうことはありませんか。それは子供の成長を妨げる要因の1つ「過干渉」となっているかもしれません。今回は、過干渉は子供にどんな影響があるかまた過干渉をやめるにはどうすればいいのか、詳しく紹介します。

過干渉とはどういうこと?

目次

・過干渉とはどういうこと?
・過干渉が子供に与える3つの影響
・過干渉にならないための3つの方法
・自分の行動を一歩引いて見つめよう
親の過干渉は子供にどんな影響があるの?毒親にならないための注意点


過干渉とは子供に必要以上にかまうこと、つまり干渉しすぎることをいいます。子供は何をするのも未熟で、つい手や口を出したくなるもの。そんなとき行き過ぎた行動だったり、子供が望んでいないのにしつこく関わろうとしたりする行為が過干渉です。

子供を自分の思いどおりにしようとする行為が、子供にとっては大きなストレス。過干渉は、度が過ぎれば虐待の一種とも考えられています。

過保護との違い
過干渉と同じような言葉に「過保護」があります。過保護とは、簡単にいえば子供を必要以上に甘やかしすぎることです。自分でできることでも親が先回りしてやってしまったり、子供が望むことをすべて叶えてあげたりするなど、要求に過剰に応えることをいいます。

子供の気持ちをふまえた行動かどうかが、過干渉と過保護の違いといえるでしょう。

過干渉が子供に与える3つの影響

親の過干渉は子供にどんな影響があるの?毒親にならないための注意点


ここからは、過干渉が子供に与える3つの影響について説明していきます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.