くらし情報『親の過干渉は子供にどんな影響があるの?毒親にならないための注意点』

2021年11月28日 15:24

親の過干渉は子供にどんな影響があるの?毒親にならないための注意点

過干渉にならないための3つの方法

親の過干渉は子供にどんな影響があるの?毒親にならないための注意点


できることならば、過干渉な親にはなりたくないものです。ここからは、過干渉にならないための3つの方法についてみていきます。

1.子供の失敗を見守る
過干渉は「子供に失敗して欲しくない」という親心からの場合もあります。しかし失敗することは悪いことではなく、失敗から学べることもたくさんあるのです。

失敗は子供が成長できるチャンスと考え、危険なこと以外はなるべく手や口を出さないように見守るようにしましょう。

2.子供が自分から行動するまで待つ
「子供は自分では判断が出来ないから親が手助けする」という考え方は間違ってはいません。しかしが自分で考え行動しようとしているところに干渉したら、子供の自主性が育ちません。

これから先、子供は自分で考えて選択を繰り返していきます。自分の行動に責任を持つことも学べるため、子供が自分から行動するまでじっと待つようにしましょう。

3.自由な時間を作り、好きなことをする
子供に意識が向き過ぎているために、過干渉になっていることも考えられます。子供中心の生活は当然ですが、そればかりだとますます過干渉が加速してしまうでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.