くらし情報『サンタはいる? いない? ベストな真実の伝え方やタイミングとは?』

2021年12月3日 10:12

サンタはいる? いない? ベストな真実の伝え方やタイミングとは?

今年ももうすぐクリスマス! 子どもたちにとっては、お正月よりも楽しみな行事です。そろそろどんなプレゼントを用意するのか、リサーチし始めるママやパパは多いのではないでしょうか?

子どもたちが小さいうちはいいですが、小学校に上がると、サンタの存在やプレゼントはどこからやってくるのかなど、今まで気にもされなかった暗黙の了解が通じなくなる場合も。この記事では、子どもたちの「サンタはいるの?いないの?」に対する答え方や真実の伝え方、そのタイミングなどを紹介します。

子どもたちがサンタの存在を疑問に思うのは、いつ?

目次

・子どもたちがサンタの存在を疑問に思うのは、いつ?
・「サンタはいない」を伝えるタイミングとは?
・「サンタはいない」の思いやりある伝え方
・ママとパパはどうやってサンタの真実を知りましたか?
サンタはいる? いない? ベストな真実の伝え方やタイミングとは?


多くのご家庭では、子どもたちに「クリスマスのプレゼントはサンタから」というふうに伝えているのではないでしょうか。きっと幼稚園や小学校の低学年までは、サンタの存在を疑う子どもは少ないかと思います。

ネットに溢れるサンタと子どもにまつわる体験談を読んでいると、だいたいは小学校3〜5年生の頃に気になり出し、疑問に思う場合が多いようです。

「サンタはいない」を伝えるタイミングとは?

サンタはいる? いない? ベストな真実の伝え方やタイミングとは?


「サンタはいない」を伝えるタイミングは、子どもが聞いてきたときがベストです。今まで信じてきたサンタの存在を否定するのは悲しいですし気まずいはずですが、それでもママややパパに聞いてくる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.