くらし情報『赤ちゃんの寝返りは3ヶ月でも可能?気をつけるポイントとは』

2021年12月3日 11:00

赤ちゃんの寝返りは3ヶ月でも可能?気をつけるポイントとは

赤ちゃんは成長してくると、首がすわり、寝返りをし始めます。寝返りを始める時期は一般的に5ヶ月~6ヶ月と言われていますが、個人差があるため早い子もいればなかなか寝返りしない子もいるようです。

今回は、3ヶ月の赤ちゃんは寝返りが可能なのか、詳しく紹介していきます。

赤ちゃんはいつ頃から寝返りするの?

目次

・赤ちゃんはいつ頃から寝返りするの?
・早い寝返りは運動神経と関係がある?
・3ヶ月の赤ちゃんが寝返りしたときの注意点
・寝返りが早い赤ちゃんは目を離さず見守ろう
赤ちゃんの寝返りは3ヶ月でも可能?気をつけるポイントとは


寝返りとは、あお向けに寝ている赤ちゃんが体をひねることでうつぶせの状態になることです。そのうつぶせの状態からまたあお向けに戻ることを寝返り返りといいます。

赤ちゃんはいつ頃から寝返りをするのでしょうか。

平均は5ヶ月~6ヶ月頃
ずっとあお向けに寝ていた赤ちゃんは少しずつ体の機能が発達し、3ヶ月~4ヶ月のころに首がすわりますが、あくまでも目安で個人差があります。

その後、寝返りをし始めるのは平均で5ヶ月~6ヶ月ごろですが、寝返りに関しても個人差があり、早い子もいれば遅い子もいますし、寝返りをせずいきなりお座りをする子もいるようです。

2ヶ月~3ヶ月ですることも
早い子は2ヶ月で首がすわることもあるため、平均より早く2ヶ月~3ヶ月で寝返りをする子もいるようです。

寝返りをする前兆として、体を反らせたり、腰をひねり横を向いたりします。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.