くらし情報『フェムテックにフォーカスした話題の「ミチカケ」に聞いてみた! 後編』

2021年11月30日 10:17

フェムテックにフォーカスした話題の「ミチカケ」に聞いてみた! 後編

「生理元年」から2年。女性の悩みが顕在化しやすい社会に
2019年は「生理元年」と言われるそうです。

ここ数年、ジェンダー平等や女性の人権、社会進出への機運が高まっています。けれど、女性の管理職や起業家がいくら増えても、生理や性などの悩みが軽減するわけではないですよね?大事なプレゼン中でも、生理中はトイレに行くタイミングが気になるし、生理前でイライラしたり眠気が強いと、満足なパフォーマンスは難しい。

女性特有の体の悩みが顕在化しやすい社会環境になってきたのです。

広がりを見せるフェムテック市場

大丸梅田店「ミチカケ」の高橋知世さんは、「フェムテック商品の数は増えている、と感じるし、フェムテック市場に参入したいと考えているメーカーも多い」と言います。

確かに、「フェムテック」といわれるのは、主に生理に関する商品、というくらいに考えていた私は、今回高橋さんに教えていただいて、商品のすそ野の広さに驚きました。

漢方のお茶や、下腹部を温かく包んでくれるニットのショーツ、それからセルフプレジャー関連まで。

まず、「えっ、こんな商品もあるの!?」と驚き、次に「自分の体の声に耳を傾けてみれば、これまで気づかなかった悩みが顔を見せるのかも」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.