くらし情報『【フランスからの報告】コロナでクリスマス・プレゼントに異変!?』

2021年12月6日 10:26

【フランスからの報告】コロナでクリスマス・プレゼントに異変!?

大人同士でもクリスマスプレゼントを贈り合うフランスでは、この季節、クリスマスプレゼントの調達に忙しい。ところが今年は、コロナの影響で品薄かも? の情報に不安の声も。今回は、フランスのプリスマス・プレゼント事情をご報告!

第35回コロナで変化? 今年のクリスマス・プレゼント

目次

・第35回コロナで変化? 今年のクリスマス・プレゼント
・オモチャの多くは中国産だったため、今年は在庫不足!?
【フランスからの報告】コロナでクリスマス・プレゼントに異変!?

12月初旬からイブの夜まで、ツリーの下に置かれるプレゼントが徐々に増えていくのも、フランスっ子達には毎年のお楽しみ。毎日、眺めて、時には包みを触ったりしながら「中身は何かな?」と想像。長いお預けを我慢しながらワクワクと過ごす。

オモチャの多くは中国産だったため、今年は在庫不足!?

フランスのクリスマスは祖父母から孫まで、一同揃って祝うことが多い。
そしてプレゼントは子どもにだけではなく、大人同士も贈りあうことが大半なので、誰もが12月はその調達に翻弄&奔走。
そのため、気軽に決められる子どもの玩具は11月のうちに購入してしまうことが通常。
スーパーも、それを煽るかのように「早期割引」などのプロモーションを11月から仕掛ける。

ところが今年は少し様子が違う。
スーパーや玩具店は売りたくても品薄なことに悩み、フランス人の3割も「もしかしたら孫や子どもが欲しいものを入手できないのでは?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.