くらし情報『栄養たっぷりの豆腐は離乳食におすすめ! その理由と気をつけたいこと、調理方法、基本レシピとは?』

2021年12月5日 10:14

栄養たっぷりの豆腐は離乳食におすすめ! その理由と気をつけたいこと、調理方法、基本レシピとは?

豆腐は、離乳食初期の生後5〜6ヶ月から使える食材です。消化吸収も良い豆腐は、赤ちゃんの胃腸に優しいところもおすすめの理由です。今回は、離乳食スタート期の豆腐について、また基本のレシピをご紹介します。

離乳食に豆腐がおすすめな理由3つ

目次

・離乳食に豆腐がおすすめな理由3つ
・離乳食用の豆腐の選び方は?
・初めて離乳食で豆腐をあげる時に気をつけることは?
・離乳食の豆腐の調理方法は?
・【基本レシピ】離乳食の豆腐の作り方
・保存する場合
・離乳食に豆腐を取り入れよう
栄養たっぷりの豆腐は離乳食におすすめ! その理由と気をつけたいこと、調理方法、基本レシピとは?


1.消化吸収が良い
食事を食べ慣れていない赤ちゃんの胃腸は、未発達で食べ物をうまく消化できません。豆腐は消化吸収が良いので、そんな離乳食初期の赤ちゃんの胃腸に優しい食材です。

2.ほかの食材と組み合わせやすい
淡白でくせのない豆腐は、ほかの食材と合わせやすいので離乳食におすすめです。

3.バランスの良い栄養
豆腐には、骨や筋肉を作るたんぱく質だけでなくカルシウム・マグネシウム・ビタミンE・鉄分・カリウム、ミネラルなどが豊富に含まれています。栄養価が高い豆腐の離乳食で、赤ちゃんの成長には欠かせない栄養素をバランス良く食べさせられます。

離乳食用の豆腐の選び方は?

離乳食用の豆腐は、初期であればやわらかな絹ごし豆腐がおすすめです。

初めて離乳食で豆腐をあげる時に気をつけることは?

豆腐は、大豆製品です。大豆アレルギーがあるかわからない場合、初めて食べさせる時はまずひと口だけ食べさせ、その後の様子に変化がないか観察しましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.