くらし情報『第13回 フィジー人は何を食べるのか? 〜フィジー料理をレシピに加えよう〜』

2021年12月14日 16:00

第13回 フィジー人は何を食べるのか? 〜フィジー料理をレシピに加えよう〜

フィジーには主に2つの民族がいます。1つはもともとの先住民であるフィジー系の人たち。全国民の6割弱を占めています。もう1つがインドから労働移民としてやってきたインド系の人たちです。4割弱ほどいます。

フィジー系とインド系で食生活が異なっています。

インド系の方々は皆様の予想どおりですが、主食はカレーです。ラムカレー、ヤギカレー、オクラカレーなど、多種多様なカレーをロティとともに日々食べています。

ではフィジー系の方々はどうでしょうか。今回の記事では皆様に馴染みの薄いであろうフィジー料理についてお伝えできればと思っています。

フィジー人の主食はイモ類(キャッサバやタロイモ)です。

特にキャッサバは苗木を植えておけば、あとは放置していても勝手に育っていくので、多くの家庭の庭で栽培されています。観光業中心のフィジーでは、コロナ禍になって失業者が激増しましたが、家庭菜園(自給自足)がさらに普及し、いちばん人気なのがキャッサバです。

そして、フィジー料理の最大の特徴は「ココナッツミルク」を使っている点です。フィジー料理でいちばん有名なのは「ココンダ」という料理です。ガイドブックなどではフィジー風刺身と表現されており、日本人の舌にもとても合うものです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.