くらし情報『【フランスからの報告】グルメの国フランスの意外なX’masディナー』

2021年12月22日 08:05

【フランスからの報告】グルメの国フランスの意外なX’masディナー

【フランスからの報告】グルメの国フランスの意外なX’masディナー


第36回イブの夜は家族みんなでディナー。でも意外! 「出来合い料理を購入」の家が多い。

【フランスからの報告】グルメの国フランスの意外なX’masディナー


日本のお節料理と同様、フランスも「クリスマス料理は購入」という家が増えていて、スーパーマーケットや冷凍食品会社、街の惣菜店や菓子店の「書き入れ時」とも言われている。

料理を手作りしない理由は
ディナーに参加する人数の多さ
フランスのクリスマスは、日本のお正月のようなもの。祖父母から孫まで一斉に集まり祝うことが多く、かなりの人数になるため。

プレゼントの調達だけで精一杯
大人も全員、プレゼントのやりとりをするので、直前まで、その調達に右往左往。料理まで頭も時間もまわらないため。

主催する家がすべて用意
普段の会食は、料理の持ち寄りで催されることが多いけれど、クリスマスは主催する家がアペリティフ&前菜&メイン&チーズ&デザート、加えてシャンパンやワイン、食後酒&ショコラ&コーヒーやハーブティまで準備することが通常。料理をすべて自家製にするとなると、かなり大変な作業になるため。

【フランスからの報告】グルメの国フランスの意外なX’masディナー

大手スーパーマーケットの前菜からデザートまでのメニュー例・広告。値段は1人分。

X’masといえば「フォアグラ」「牡蠣」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.