くらし情報『【フランスからの報告】フランスにはお年玉はない? お小遣いも少数派』

2022年1月6日 10:34

【フランスからの報告】フランスにはお年玉はない? お小遣いも少数派

今年のお正月。日本の子ども達は、お年玉をたくさん貰えたのでしょうか?
「お年玉」に似た風習があるのは、中国やベトナム、インドなどアジアが主流。
フランスにはなく、それでも10代後半になると、クリスマスプレゼントに祖父母や親戚からお金を貰う子も多々。
つまり、日仏問わず、子ども達の懐(ふところ)が潤うのは、年末年始の時期なのかもしれませんね
今回はフランスっ子達のお財布事情。主に「お小遣い」について調べてみました(データ:Pixpay 2021 &; Sondage opinion way pour fortuneo2021)。

第37回フランスの子ども達のお小遣い事情

【フランスからの報告】フランスにはお年玉はない? お小遣いも少数派


村の小学生52人のうち、お小遣いをもらっているのは1人だけ
まずは、私が勤務している村の小学校で、6〜10歳の子ども達52人に尋ねてみたところ、毎月、お小遣いを貰っている子は、たった1人。9歳のイギリス人の男の子だけだった。
彼が貰っているのは、毎月5ユーロ(約650円)。主にボンボン(キャンディやチョコ)など駄菓子に使い、残ると貯金箱に入れているそう。

でもこれは、村に1軒だけしか駄菓子を売る店がない居住地ならでは、の事情。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.