くらし情報『大変なことばかりじゃない?先輩ママが感じた年子で良かったこと』

2022年1月18日 08:46

大変なことばかりじゃない?先輩ママが感じた年子で良かったこと

例えば、日中はオムツ替えや授乳、夜は夜泣きが上の子と下の子で交互に続いて睡眠不足になることも多いです。年子を育てる環境を整えられるかが重要なポイントになるでしょう。

年子で良かったと感じたことはある?

大変なことばかりじゃない?先輩ママが感じた年子で良かったこと


年子の育児は大変なことも多い一方、「年子で良かった!」と感じることもあるようです。そこで、先輩ママが年子で良かったと感じたことをご紹介します。

1.子ども同士で遊んでくれる
年子は年齢が近いので、ある程度大きくなったときに子ども同士で遊んでくれるメリットがあります。ママやパパが相手をしなくても遊んでくれるので、その時間を利用して洗濯や掃除など家事を効率よく行えるのです。

2.上の子の赤ちゃん返りが少ない
年子の子どもは、上の子の赤ちゃん返りが少ないといわれています。上の子もまだ赤ちゃんなので、自分に妹や弟ができた自覚はなく赤ちゃん返りになりにくいのです。上の子の赤ちゃん返りが少ないため、ママやパパの育児の負担を軽減できます。

3.育児の大変な時期が短くなる
年子の育児は大変といったイメージもありますが、育児期間がまとまっているので大変な時期が短くなるメリットがあります。

もちろん育児期間中は毎日子どもの世話に追われますが、ある程度大きくなると同時期に育児から解放されるため、「年子で良かった!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.