くらし情報『年子で同学年になる可能性はある?子どもが年子になるメリット3選』

2022年1月19日 12:00

年子で同学年になる可能性はある?子どもが年子になるメリット3選

実は、生理が止まっていても排卵が再開することがあるのです。生理が戻る前に妊娠する可能性もあるため、計画的に妊娠したい場合は注意しましょう。

子どもが年子になる3つのメリット

年子で同学年になる可能性はある?子どもが年子になるメリット3選


年子の育児は大変なイメージがありますが、子どもが年子になることで多くのメリットがあります。どのようなメリットがあるのか確認しましょう。

1.大変な時期が短くなる
年子の育児は子育てが大変な時期が重なるのがつらいところですが、子育ての時間を短くできるメリットがあります。子どもの年齢が離れていると、上の子の子育てが落ち着いたと思ったら下の子の育児が続きます。年子は育児がひと段落する時期が同じなので、大変な時期を短く抑えられるのは年子の良いところです。

2.赤ちゃん返りが比較的少ない
赤ちゃん返りは急に赤ちゃんのように振る舞うことで、2人目が生まれた家庭では赤ちゃん返りに悩むママも多いようです。ただ年子は赤ちゃん返りになりにくく、育児がしやすいといわれています。上の子と下の子の育児負担が軽くなるのは、年子育児のメリットですね。

3.保育園の入園で有利になる
年子の子どもがいる場合、保育園の入園で有利に働くことがあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.