くらし情報『年子育児のあるあるが知りたい!大変な育児を乗り切るコツもご紹介』

2022年1月20日 11:00

年子育児のあるあるが知りたい!大変な育児を乗り切るコツもご紹介

年が近い子どもを一緒に育てるのは、想像以上に大変なものです。そんな大変な年子育児を乗り切ったママが「大変だった!」と感じる年子あるあるをご紹介します。

大変な年子の育児を乗り切るコツもご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

年子育児の「あるある」はこれ!

目次

・年子育児の「あるある」はこれ!
・大変な年子の育児を乗り切るコツ
・つらい時こそ周りにうまく頼ろう!
年子育児のあるあるが知りたい!大変な育児を乗り切るコツもご紹介


年子育児は年の近い子どもを同時に育てなければいけないので、想像以上に大変だと感じるママやパパも多いようです。そこで、先輩ママやパパが感じる年子育児のあるあるをご紹介します。

1.上の子と下の子が同時に泣く
年子育児あるあるでよく起こるのは、上の子と下の子が同時に泣き始めることです。どちらか一方が泣き始めると、もう一人もつられて泣いてしまいます。パパが不在でママしかいないときは、ふたり同時に抱っこすることもあるようです。

2.男の子と女の子で対応が違う
子どもが年子で性別が異なる場合、性格や育て方に違いを感じるママやパパも多いようです。子育てするなかで上の子と下の子で育て方や接し方を変えないといけないので、大変と感じることもあるようですね。

3.外出する時に荷物が多くなる
オムツを使用する時期は外出時に荷物が多くなるので、持ち運びが大変だと感じるママやパパが多いようです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.