くらし情報『子どもがウソをつくのは何が原因?親としての対応法とNG行動とは』

2022年1月21日 12:00

子どもがウソをつくのは何が原因?親としての対応法とNG行動とは

子どもがウソをつく原因とはどんなものなのか、気になりますよね。親はついウソをついたことを一方的に責めてしまいがちですが、その対応は間違いです。そこで今回は、子どもがウソをついたときにどんな対応をすればいいか、またNG行動などを紹介します。

子どもがウソをつく原因とは

目次

・子どもがウソをつく原因とは
・年齢別のウソのつき方
・子どもがウソついたときのNG行動と対処法
・ウソを叱る前に子どもを理解しよう
子どもがウソをつくのは何が原因?親としての対応法とNG行動とは


子どもがウソをつく原因には、以下のことが考えられます。

  • 親の気を引きたい
親が仕事や家事、兄弟姉妹のお世話で忙しい場合、かまってほしい、自分を見てほしいと孤独を感じたときに気を引きたいためにウソをつきます。

  • 自分を守りたい
自分の失敗を叱られたくない、また傷つきたくないという気持ちから、ウソをつくこともあります。「良い子だと思われたい」「親の期待を裏切りたくない」気持ちや、自分のプライドを守るためでもあるのです。

  • 自分を良く見せたい
周りの人に「すごい」と思われたい気持ちからも、ウソをつくことがあります。「テストが100点だった」「を買ってもらった」「へ行った」など、実際にはそうでないことを言ってしまうのです。

年齢別のウソのつき方

子どもがウソをつくのは何が原因?親としての対応法とNG行動とは


子どもはどのようにウソをついていくのでしょうか。年齢別に見ていきましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.