くらし情報『年子の育休ってどうなるの?産休や手当金、保育園について解説!』

2022年1月27日 11:00

年子の育休ってどうなるの?産休や手当金、保育園について解説!

年子の場合は第一子の育休中に、第二子の妊娠がわかるケースがあります。いわゆる年子である場合の育休制度は、どのような仕組みになっているのでしょう。年子の育休をテーマに、手当金の取得や保育園の入園の条件など、年子育児にまつわる疑問にお答えします。

年子の場合、各制度は受けられる?

目次

・年子の場合、各制度は受けられる?
・年子を保育園へ入園させるには?
・年子に関する心配事は?
・遠慮せずしっかりと育休をもらおう!
年子の育休ってどうなるの?産休や手当金、保育園について解説!


上の子の育休中などに、下の子の妊娠がわかった場合、気になるのが「そのまま育休をとることはできるのか?」という点でしょう。ここでは、年子でも育休・産休が2人分取得できるのか、また出産手当金などは受け取れるのか解説していきます。

育休・産休どちらも取得可能
結論から言うと、年子であっても通常通り、産休・育休どちらも取得することができます。育休を取得する場合、1人目と2人目との間で一時的に職場に復帰するパターンと、そうでないケースがあるでしょう。どちらのケースでも、産休・育休は取得できます。

出産手当金・育児休業給付金は?
子どもが生まれると、出産育児給付金や出産手当金、育児休業給付金などの手当金が受け取れます。年子の場合はどうなのでしょうか。一時的に職場へ復帰した場合は、いずれの手当金も受け取ることができます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.