くらし情報『三つ子の妊娠や出産状況は?一卵性と二卵性の違いや妊娠リスク』

2022年1月28日 11:37

三つ子の妊娠や出産状況は?一卵性と二卵性の違いや妊娠リスク

三つ子を妊娠したら嬉しいと思う反面、不安に感じることもあるでしょう。そこで今回は、三つ子の妊娠や出産状況、一卵性と二卵性の違いをご紹介します。三つ子のリスクと対策もご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

三つ子の妊娠や出産状況

目次

・三つ子の妊娠や出産状況
・一卵性と二卵性を妊娠する確率は?
・三つ子のリスクと対策4選
・三つ子の妊娠や出産はママに負担が多い!
三つ子の妊娠や出産状況は?一卵性と二卵性の違いや妊娠リスク


三つ子を含む多胎児の妊娠や出産状況は、近年微減傾向にあります。ただ母親の年齢によって妊娠や出産状況は変わり、30歳以上は2.0%を超え、40〜44歳は2.71%、45歳以上になると5.96%にまでのぼり、年齢が高くなればなるほど妊娠率が上がるといわれています。

一卵性と二卵性を妊娠する確率は?

三つ子の妊娠や出産状況は?一卵性と二卵性の違いや妊娠リスク


一卵性や二卵性の三つ子を妊娠する確率は、極めて低いことがわかっています。一卵性や二卵性の三つ子を妊娠することは、奇跡のようなものだといえるでしょう。

三つ子のリスクと対策4選

三つ子の妊娠や出産状況は?一卵性と二卵性の違いや妊娠リスク


三つ子を妊娠すると、1つの子宮で3人の赤ちゃんを育てることになります。1人の妊娠と比べると、三つ子の妊娠はリスクが高くなりがちです。どのようなリスクがあるのか確認していきましょう。

1.三つ子は早産になりやすい
三つ子を妊娠した場合、早産になる確率が高いといわれています。三つ子の妊娠が早産になりやすいといわれる理由は、3人の赤ちゃんで子宮が埋まってしまうので子宮の壁や頸管が伸びてしまうからです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.