くらし情報『第51回 中国「ゆとり教育」導入の効果は?』

2022年2月16日 10:19

第51回 中国「ゆとり教育」導入の効果は?

2018年より中国・広州に駐在した、6歳児ママです。独身時代は上海で暮らしたことがありますが、現地で子育てしてみると驚きと発見の連続(2021年本帰国)。
子ども達の長時間の勉強や教育費負担を軽減すべく、2021年7月、中国政府が「宿題軽減」と「学習塾閉鎖」政策を導入しました。その結果はいかに?

前回記事:第50回中国『ゆとり教育』導入の衝撃

第51回 中国「ゆとり教育」導入の効果は?

広州の街を眺める幼稚園児と小学生

子ども達の自由時間は増えたが……
教育費負担を減らし、保護者と子ども達の負担を軽減することで、少子化に歯止めをかける目的で実施された政策ですが、実際に効果はあったのでしょうか?

週末、祝日、夏・冬の長期休みの塾通いが禁止となり、自由時間は増えたそうです。そもそも、通っていた学習塾が即時閉鎖となりました。

今回の政策は、オンライン学習塾も対象です。私の友人はオンライン塾の授業料を先払いしましたが、閉鎖により授業費は一切戻らなかった、と嘆いています。

学校の宿題も減りました。一方で教師が放課後も子ども達の自習や学習サポートに付き合う機会が増え、教師側の負担は増えているようです。

英語・国語・算数の3科目の塾は非営利化によりほとんどが閉鎖されましたが、芸術、ピアノ、音楽、スポーツなどは制限がありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.