くらし情報『【名護・本部・今帰仁】豊かな自然に包まれながら 肌で感じる沖縄の原風景。 (前編)』

2023年4月8日 15:41

【名護・本部・今帰仁】豊かな自然に包まれながら 肌で感じる沖縄の原風景。 (前編)

目次

・深い森と青い海、それに育まれた食を満喫。
・島豚七輪焼 満味(しまぶたしちりんやき まんみ)
・もとぶ町営市場
・No. 1218
【名護・本部・今帰仁】豊かな自然に包まれながら 肌で感じる沖縄の原風景。 (前編)


やんばるの玄関口と称される名護、歴史的な城を有する今帰仁、のどかな空気感が魅力の本部。本部半島は、知るほどに引き寄せられる場所。

AREA ACCESS
本部町、今帰仁村、名護市は山地が多く、豊かな自然が魅力。〈沖縄美ら海水族館〉や〈海洋博公園〉などの観光地もある。那覇空港から高速バスで名護バスターミナルまで約1時間45分、車で一般道だと約2時間、高速だと約1時間15分。


【名護・本部・今帰仁】豊かな自然に包まれながら 肌で感じる沖縄の原風景。 (前編)


Navigator満名匠吾 〈満味〉店主

まんな・しょうご/沖縄県北部の本部町出身。大阪や東京の飲食店で修業した後、琉球在来豚の流れをくむやんばる島豚を提供する〈満味〉を2003年、名護にオープン。

深い森と青い海、それに育まれた食を満喫。

【名護・本部・今帰仁】豊かな自然に包まれながら 肌で感じる沖縄の原風景。 (前編)


名護市より北部をさすやんばるは「山々が連なり、鬱蒼とした森が広がる地域」を意味する言葉。沖縄古来の豚食文化を継承する店〈満味〉を営む満名匠吾さんは、自らを「やんばら〜」と称する。
「田舎ものという意味もありますが、私は誇りを持って名刺にも記載しています。名護・本部・今帰仁のあたりには田んぼも塩田も畑もあって、多くの畑人や海人が活躍している。静かなビーチも、世界的に珍しい動植物の宝庫である亜熱帯の森もある。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2023 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.