くらし情報『少しづつ親の手を離れ、自立してゆく息子。哺乳類展と動物絵本【Anneママの『絵本とボクと、ときどきパパ』】』

2019年4月25日 18:00

少しづつ親の手を離れ、自立してゆく息子。哺乳類展と動物絵本【Anneママの『絵本とボクと、ときどきパパ』】

この連載は……
モデルのアンヌ(Anne)さんによる絵本紹介エッセイ。小学生の男の子ママでもあるアンヌさんは、出産をきっかけに絵本の世界に魅了され、いまでは息子さんだけでなく地域の読み聞かせ活動にも参加するほどの絵本好き。息子さんとの日々も綴ります。

哺乳類展と動物絵本

新年度が始まり、息子もいよいよ4年生。小学生活を2分割すれば高学年の仲間入りです。
担任の先生が代わったり、友達の顔ぶれも違ったり、よその学校から来たお友達ができたりと、子どもたちにとっては何かと変化があるこの時期です。子どもによっては、すぐに新しい環境に馴染めず不安を抱えながら過ごすこともあるかもしれません。
親としては子どもの気持ちを汲み取りながら年度のスタートを切りたいと思うところですが、そんな心配をよそに、息子の方は、毎年この時期、1年の中で1番はつらつとしているかもしれません。なにせ世界が広がるとワクワクするタイプ。クラス替えはなかったものの、担任の先生が新しくなり、教室の場所も代わり、責任のある係も受け持てて、やる気に満ちている様子が見て取れます。もう私があれこれ気にかける余地も与えてもらえないくらい。なんとなく、置いてきぼりを食らっているような気分です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.