くらし情報『本当のところ、何がどう変わるの? 2020年の教育改革で小学校はどう変わる?【前編】』

2019年4月29日 08:34

本当のところ、何がどう変わるの? 2020年の教育改革で小学校はどう変わる?【前編】

知りたい!2020年の教育改革で小学校はどう変わる?【前編】

「2020年から大きく変わるらしい」「英語が教科になる?」「プログラミングが必須に?」など、断片的に聞こえてくる教育改革。本当のところ、何がどう変わるの? その背景は?今からどんな準備をしておくべき? などなど、ママの知りたいことを、文部科学省平千枝さんに聞いてみました!

2020年度から大学入試が大きく変わります。ニュースでも盛んに取り上げられたのでご存じの方も多いでしょう。大学入試センター試験に代わり、大学入学共通テストがスタート。従来のように「知識・技能」が問われるだけでなく「思考力・判断力・表現力」が問われる内容に変わります。国語・数学で記述式の問題が取り入れられ、英語は4技能評価になります。大学入試だけではなく、高校、中学校、小学校の教育も変わります。文部科学省では、2017年3月に小・中学校学習指導要領を、2018年3月に高等学校学習指導要領を改訂しました。新しい学習指導要領による教育は、小学校では2020年度から、中学校では2021年度から、高等学校では2022年度から本格的にスタートします。幼稚園ではすでに2018年度に新しい幼稚園教育要領がスタートしています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.