くらし情報『家庭でも起こりうる「食中毒」を防ぐ。』

2019年5月8日 18:00

家庭でも起こりうる「食中毒」を防ぐ。

sponsored by 花王

家庭でも起こりうる「食中毒」を防ぐ。

高温多湿のこれからの季節、気をつけたいのが細菌が原因の「食中毒」。 菌の汚染を防ぐために、家庭でできる衛生管理や食品保存法とは?

最大の防御は、日頃からのキッチンの衛生管理
家庭でも起こりうる「食中毒」を防ぐ。


食中毒と聞くと飲食店で起こりやすいものと思いがちですが、侮ってはいけないのが家庭の調理環境。キッチンは肉や魚など食材由来の菌が持ち込まれると同時に、調理台やシンクといった水回りは家の中でも菌による汚染度が一番高いと言われる場所。家庭ではどんな予防ができるのか?日々調理に関わる、栄養士の若宮寿子さんに話を伺いました。
「食中毒を防ぐには(菌を)つけない・増やさない・やっつける、が3原則。食品が傷みやすいこの時季は買い物から意識することが大切です。生鮮食品同士が汚染し合わないよう、ビニール袋を個々に活用したり、保冷バッグも常備したいですね」
食器、お箸などを直接置くシンクも要注意。「菌がシンクに付いていたら汚染されるので衛生管理が大切です」

<原因>
どんなところが感染源に?
細菌に汚染された食品や水・氷。また細菌が付着した調理器具など。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.