くらし情報『絶対に知っておこう!夢のマイホーム 住宅ローンの組み方 その4【パパFPの「子どもとお金」】』

2019年5月10日 09:00

絶対に知っておこう!夢のマイホーム 住宅ローンの組み方 その4【パパFPの「子どもとお金」】

ちょっと難しいですね。(以下、「非課税の特例」と言います。)

現在のルール(平成27年1月1日から令和3年12月31日まで)では、ご両親もしくはご祖父母からもらったお金を住宅購入にあてるのであれば、住宅の性能によりますが700万円か1,200万円が非課税です。しかも、この非課税の特例以外に、110万円(贈与の基礎控除)を併せて810万円か1,310万円が非課税となります。
今年の10月に消費増税が予定されていますが、実行された後は上述の700万円が2,500万円に、1,200万円が3,000万円に非課税枠が増額される予定です。
勿論、従来通り110万円贈与の基礎控除も加算可能です。

消費税8%の場合
絶対に知っておこう!夢のマイホーム 住宅ローンの組み方 その4【パパFPの「子どもとお金」】

消費税10%の場合
絶対に知っておこう!夢のマイホーム 住宅ローンの組み方 その4【パパFPの「子どもとお金」】

国税庁HPより出典

受贈者(もらえる人)の要件
ア.直系卑属(子か孫)であること(ご両親・ご祖父母などを直系尊属と言います。)
イ.贈与を受けた年の1月1日に20才以上
ウ.贈与を受けた年の合計所得が2,000万円以下
エ.平成21年から平成26年にこの非課税の特例を受けたことがない
などがありますが、詳細は国税庁HPをご参照下さい。
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4508.htm

この非課税の特例を利用できれば住宅ローンの借入額は減らせますし、ご両親やご祖父母からの愛情もいただけて、ご家族みんながハッピーです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.