くらし情報『毎日の連絡帳、書くことが思いつかない場合どうすれば良い?』

2019年5月1日 14:02

毎日の連絡帳、書くことが思いつかない場合どうすれば良い?

入園、転園、進級……保育園生活をもっと楽しむために

仕事をしながら保育園に預けるママたちにとって、環境の変化にドキドキするこの季節。子どもたちがスムーズに、そして楽しく保育園生活になじむために、今、家族ができることって?保育園の先生とはどんなふうに付き合えばいいの?現役保育士として働き、子どもたちのほほえましいエピソードの発信でも注目が集まるてぃ先生に伺いました。

「この時期、子どもが保育園でちゃんと過ごせるかと不安に思ったり、働くことに罪悪感をもつママたちも多いかもしれません。でも、そんなふうに思わないでください。特に、子どもに絶対に言いたくないのは『預けてごめんね、遅くなってごめんね』という言葉。
『今日も頑張ってくるね!』『お仕事楽しかったよ、くんも、保育園楽しかった?』と伝えた方が、きっと子どもも喜びます。親ががんばって働く姿、しあわせそうな姿は子どもにとってもきっと嬉しいはずです」
・入園、転園、進級……保育園生活をもっと楽しむために
・保育園で気になること

教えて! てぃ先生

保育園で気になること

毎日の連絡帳、書くことが思いつかない場合どうすれば良い?


Q 毎日の連絡帳、書くことが思いつきません。

A 「元気です!」その一言だけでもいいんです。
園によっても雰囲気や書く内容が若干異なるようですから一概に言えませんが、僕は「連絡帳」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.