くらし情報『アジアっぽいものとして一括り!?イギリスでのアジアのイメージ【クラーク志織のロンドン子育てDiary】』

2019年5月9日 11:00

アジアっぽいものとして一括り!?イギリスでのアジアのイメージ【クラーク志織のロンドン子育てDiary】

この連載は……
ロンドン在住のイラストレーター、クラーク志織さんが、現地での子育て事情をレポート。さまざまな人種やカルチャーが交差するロンドンでは、日本の育児の常識からは信じられないようなエピソードが!?そんな多様な子育て事情を知ることで、自分らしい子育てのヒントが見つかるかも!

アジアっぽいものとして一括り!?イギリスでのアジアのイメージ【クラーク志織のロンドン子育てDiary】


たまに出会う日本好きの人だともう少し詳しく知っていたりしますが、それ以外のイギリスの人がもつ日本のイメージって「寿司、禅、空手」くらいな気がします。

というか、「日本って中国語しゃべるの?」と言われたり、ベトナムレストランを日本食レストランと間違えられた事もあるので、きっとアジアっぽいものはアジアっぽいものとして一括りにされているのかもしれない…。

それにしても、私自身が禅についてあまり知識がないので、「禅!」と言われるたびに上手いリアクションがとれず、これは禅の事をもっと知っておかなくてはと思います。知識を身につけて、上手いジョークで返したい!

アジアっぽいものとして一括り!?イギリスでのアジアのイメージ【クラーク志織のロンドン子育てDiary】


クラーク志織(クラーク・しおり)
イラストレーター。武蔵野美術大学卒業後、2012年にイギリスへ移住し、現在は日本、イギリス、ドイツなどで活躍中。雑誌や広告のイラスト、CDカバーのアートワーク、絵本のイラスト、テキスタイルのデザイン、カフェのペーパーカップデザイン、LINEスタンプ制作など、作品のジャンルは多岐にわたる。

この連載一覧

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.