くらし情報『気になる食品添加物。食べても良いの?体に悪いの?』

2019年5月15日 12:00

気になる食品添加物。食べても良いの?体に悪いの?

目次

・食品添加物の基礎知識
・日本の食品添加物の数は世界と比べて多い!?
・食品添加物は食べても安全なのか?
・暮らしの中の食品添加物
・自分自身で考えて正しい食を選択しましょう!
気になる食品添加物。食べても良いの?体に悪いの?


子育て中のママ達は、子どもに食べさせる食品はなるべく食品添加物が入っていないものが良いと思っている方も多いのではないでしょうか。
食品添加物を摂取しても良いのか悪いのか、気になりますよね。
そこで今回は、食品添加物の基礎知識と食品添加物との付き合い方をお伝えしようと思います。

食品添加物の基礎知識

気になる食品添加物。食べても良いの?体に悪いの?


食品衛生法では、「食品の製造過程または食品の加工や保存の目的で食品に添加、混和などの方法によって使用するもの」と食品添加物を定義しています。
食品添加物は、「指定添加物」、「既存添加物」、「天然香料」、「一般飲食添加物」の4種類に分類されます。~の3つが、いわゆる天然添加物で、例えば着色の目的で使われる果汁や紫蘇の葉なども食品添加物として扱われています。

日本の食品添加物の数は世界と比べて多い!?

気になる食品添加物。食べても良いの?体に悪いの?


日本の食品添加物の数は、指定添加物が455品目、既存添加物が365品目、天然香料が約600品目、一般飲食添加物が約100品目あります。
時々、日本の食品添加物の数は諸外国と比べて圧倒的に多いという記事を見かけますが、単純に数だけを比べることはできません。
なぜなら、諸外国と日本では食生活の違いや制度の違いにより、食品添加物の定義や分類が異なるからです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.