くらし情報『今の時代の夫婦の関係や役割って?おたがいに無理のない範囲で、納得できるライフスタイルを。【ママの読書】』

2019年5月21日 21:00

今の時代の夫婦の関係や役割って?おたがいに無理のない範囲で、納得できるライフスタイルを。【ママの読書】

こんにちは。ライターのかわむらあみりです。本の中で見つけた「これはほかのママと共有したい!」と思うフレーズをご紹介する「ママの読書」。
今回は、作家の山崎ナオコーラさんの著書『かわいい夫』(夏葉社)からです。

今の時代の夫婦の関係や役割って?おたがいに無理のない範囲で、納得できるライフスタイルを。【ママの読書】


産休育休中の妻、あるいは、妊娠を機に仕事を辞めた妻に対して夫が、
「今は専業主婦なのだから、家事や育児は妻の担当。
自分は家族のために稼ぐ。分担して家庭を運営しよう」と考えてしまい、
妻がそれをつらく感じて悩む、ということが現代の主婦によく起こっているそうだ。
自戒をこめて、「それは夫側の考えを変えていった方がいいんじゃないか」と思う。
家は会社ではない。

『かわいい夫』p164より引用

夫よりも収入が多く、一家の大黒柱となっている山崎さんは、フラットに家族のあり方を見つめています。

ですが、結婚当初は家を会社のように捉え、生活費の大半を支えているうえに家事も多く担うご自身の立場に対して、損をしている気分になっていたそうです。
しかし、夫婦はただの人間関係のひとつで、損得はないことに気づくと、楽に。
収入が多い側も、仕事も家事も育児もやってみると、案外楽しくなるかもしれないと語っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.