くらし情報『どのような生活を送りたいかによって、家のかたちは変わる。「住まいづくり」は「自分探し」』

2019年5月27日 12:00

どのような生活を送りたいかによって、家のかたちは変わる。「住まいづくり」は「自分探し」

Vol. 1 – 「住まいづくり」は「自分探し」

はじめての妊娠が発覚したのはちょうど1年ほど前。とにかくわからないことだらけなのが、はじめての妊娠なのですね。いろんな雑誌や書籍を手に取り、気になることがあるとその都度ネットで検索をしていました。けれど、実際に妊娠中は、自分の体や気持ちの変化(そして、産休に入る準備で、追加の仕事も発生!)についていくのが精一杯で、じっくり情報収集することすら難しい日々が続きました。

どのような生活を送りたいかによって、家のかたちは変わる。「住まいづくり」は「自分探し」


Lauren Andersen © 2018 Houzz

何よりも情報の少なさに驚いたのが、住まいやインテリアのこと。

誰もが妊娠を機に住環境のことを考えるはずです。海外では、ライフスタイルや生活の中で変化があると、家をリフォームや模様替えする人が多くいます。例えば、子供が巣立った際には、子ども部屋を書斎や趣味の部屋にする親は少なくありません。私も幼少期、米国に住んでいた頃、私がひとりでお風呂に入れる年齢になったタイミングで、両親は自宅のバスルームを日本のお風呂(洗い場とバスタブが別々にある)にリフォームしました。これは、日本のライフスタイルを米国でも続けたいという両親の意思の表しでもあり、おかげで私も米国にいながら日本のお風呂が大好きな子供でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.