くらし情報『子どもがお魚ギライにならないために。楽しくきれいに!お魚の食べ方』

2019年5月20日 08:00

子どもがお魚ギライにならないために。楽しくきれいに!お魚の食べ方

お魚の食べ方

3・4・5歳にもなると、お箸の使い方も上手になりますよね。今回はお魚をきれいに食べるコツを、フードコーディネーターの竹原由紀さんに聞きました。実は大人も苦手なお魚の食べ方。この機会に正しい食べ方をおぼえましょう。

身は中骨に沿って箸を入れると簡単にはがれます。背中、腹の順に食べたら、身をひっくり返すのではなく、中骨の下に箸を入れて身からはがします。「骨がぱかっとはずれると達成感あり、子どもも喜びますよ」

気をつけたいのが小骨。「小骨で痛い思いをするとお魚嫌いの原因に。慣れないうちはそばにいて、うっかり小骨を食べないように見てあげて」。食べ終わったら、骨や皮などをお皿の隅にまとめるときれいです。

「最初から上手にできなくてあたりまえ。今日は上手にできるかな?とゲーム感覚で楽しんで。きれいに食べられたねとポジティブな声がけも。お魚デビューは、最初は切り身の鮭やタラから。次は身ばなれのいい煮魚に。最後におかしら付きの魚にもチャレンジして。これから旬の鯵(あじ)やイサキは食べやすいのでおすすめですよ!」

目次

・お魚の食べ方
・3つの基本ルール
・食べ方
子どもがお魚ギライにならないために。楽しくきれいに!お魚の食べ方


3つの基本ルール

1頭は左向き
2頭から尻尾、背中から腹の順
3身はひっくり返さない

子どもがお魚ギライにならないために。楽しくきれいに!お魚の食べ方


食べ方

【1】 魚の背骨に沿って、頭から尻尾に向けて身を開く。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.