くらし情報『子どもとお金。「アイス屋さん」で初めてお金をもらう経験をした日【山本祐布子の「子どものいる風景」】』

2019年5月24日 18:15

子どもとお金。「アイス屋さん」で初めてお金をもらう経験をした日【山本祐布子の「子どものいる風景」】

この連載は……
イラストレーター・山本祐布子さんのエッセイ。ふたりのお子さんと暮らす、家族の日々を綴ります。

vol.37 子どもとお金のはなし

子どもとお金。「アイス屋さん」で初めてお金をもらう経験をした日【山本祐布子の「子どものいる風景」】


昨今は世の中がキャッシュレス化して、お金に触れる機会が減ってきました。
今の子供はお金っていう物質的な概念も、なくなりつつなるなんて話も聞きます。
しかし、我が家のこどもたちは、違います。
お金が大好き。お金に興味を持ちまくりです。
言葉が荒いようですが、本当にそうですから、しょうがありません。

お年玉でいただいた小銭やお札。これを、事あるごとに貯金箱からじゃらじゃらと全部出し、お金の種類ごとに並べて数えます。しかも、何度も。何度も。お小遣いも今年からはじまり、月初めに小銭をパパからもらったら、お小遣い帳にしっかり書きつけます。
クロアチアから一ヶ月インターンとして来ていた若者カップルが、二人にコインをくれました。
クロアチアのコインは、動物や植物が描かれたものとしても可愛らしいコインで、目を輝かせて
受け取り、またそれを、宝物のように並べては、2つの顔をくっつけて眺めていました。

図書館でお金にまつわる本なんかを借り出したときには、わたしもさすがに、むむむ、この方たちは、本当にお金が好きなんだな。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.