くらし情報『踊る絵本『あの扉、気になるけど』ってどんな本?(前編)』

2019年5月23日 11:04

踊る絵本『あの扉、気になるけど』ってどんな本?(前編)

中目黒どろんこ保育園で、園児たちと即興ダンス!
~s**t kingz初プロデュースの踊る絵本『あの扉、気になるけど』発売記念イベント~

世界で活躍するダンスユニット【s**t kingz(シットキングス)】による初めての絵本、『あの扉、気になるけど』が5月16日にマガジンハウスから発売されました。お話だけでなく、s**t kingzオリジナルのダンス動画も楽しめるという、未だかつてない新感覚の絵本です。
この発売を記念して、同日、中目黒どろんこ保育園(東京都目黒区)の園児たちと即興ダンスに挑戦する、交流イベントが開催されました。

踊る絵本『あの扉、気になるけど』ってどんな本?(前編)


中目黒どろんこ保育園は、畑仕事やヤギ、にわとりの世話を体験したり、裸足保育や異年齢保育、機会を排除しない保育にこだわって、子どもの“にんげん力”を育てる保育園。

イベント会場となった園内のホールに入場してきた年長の園児たちは、いつもと違うホールの様子に興味津々。プロジェクターに映し出される、『あの扉、気になるけど』のお話に熱心に見入っています。

踊る絵本『あの扉、気になるけど』ってどんな本?(前編)

『あの扉、気になるけど』のお話の一部を紹介。みんなお話に引き込まれています。

そこへ登場したs**t kingzのメンバー、shojiさん、kazukiさん、NOPPOさん、Oguriさん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.