くらし情報『【わが家のドタバタ小学校受験体験記】』

2019年5月31日 08:00

【わが家のドタバタ小学校受験体験記】

この連載では、息子の小学校受験(2018年)を通して学んだことを振り返りつつ、「小学校受験に興味はあるけど、まだよく分からない」という読者ママたちのために【小学校受験のイロハ】をお伝えしていきたいと思います。第1回目のテーマは「受験を決める前の葛藤」についてです。

第1回迷える夫婦が小学校受験を決めるまで

ことごとく意見の違う夫と妻。でも相手の言い分にも「なるほど」と思うところも……
【わが家のドタバタ小学校受験体験記】


「国立って、公立よりも教育の質が高いの?」
「個性を伸ばすなら、やっぱり私立?」

そんな期待が寄せられる一方で、

「お受験は親のエゴ?」
「落ちたら子どものトラウマになる?」

といった不安の声も耳にする小学校受験。どうするべきか迷うママも少なくないと思います。

わが家も夫婦で迷いに迷いました。例えば……

私「ねえねえ、〇〇ちゃん(近所の子)が通っている私立小、アクティブラーニングにすごく力を入れているんだって。少人数制っていうのも魅力的だし。うちも小学校受験、考えてみる?」
夫「うーん……小学校受験って本人の意志じゃないでしょ? 受験は中学からで良いんじゃない?」

とか。

私「小学校受験って、何をどこまでできるようになればいいんだろうね?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.