くらし情報『「持続可能な社会を目指す」という考えを保育の現場に。国内唯一の保育園に見学へ行ってきました!』

2019年5月31日 08:15

「持続可能な社会を目指す」という考えを保育の現場に。国内唯一の保育園に見学へ行ってきました!

突然ですが、皆さんは「SDGs」と言う言葉を知っていますか?
読み方は「エス ディー ジーズ」と読みます。

「持続可能な開発目標」の事を言い、Sustainable Development Goalsの略称で2016年から2030年までの国際目標です。SDGsは持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っていて、日本の企業でもSDGsを意識して積極的に関わる企業が多く存在しています。
ただ、日本での認知度はまだ低く、これから何処に、どのように参入していくかが課題ともなっています。

大手企業では積極的に取り組みが行われていますが、社会の認知度はまだまだ低いSDGs。

都内で目黒を中心に保育園を運営している、「アソシエ・インターナショナル」さんが、絵本ナビさんと共同して絵本を選書し、このSDGsを保育の現場に取り入れていると聞き、その様子を見学してきました。(なんと、日本の保育の現場でSDGsを取り入れているのは、アソシエさんだけだとか…)

「持続可能な社会を目指す」という考えを保育の現場に。国内唯一の保育園に見学へ行ってきました!


SDGsを担当しているのは、菊池あすか先生。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.