くらし情報『これで魚ギライも回避?!親子で楽しみながら一緒に魚を食べてみよう』

2019年6月5日 11:50

これで魚ギライも回避?!親子で楽しみながら一緒に魚を食べてみよう

目次

・焼き魚の上手な食べ方
・魚の骨が喉に刺さらない様に十分に気を付けて
これで魚ギライも回避?!親子で楽しみながら一緒に魚を食べてみよう


子どもが魚を苦手とする大きな理由が「骨」です。
生き物には骨があります。
魚、牛、鶏、豚、人間にも骨はありますよね。
魚の骨を苦手とするのではなく、魚に骨があることを子どもと一緒に楽しく観察しながら丸ごと1匹の魚を食べてみてはいかがでしょうか。
「こんな風に骨がついているんだね。」
「この骨は太いけれど、こっちの骨は細いね。」
などと親子で会話をしながら魚をじっくり観察してみると、子どもの好奇心がくすぐられて魚の様子が見えてきます。
魚の骨は順番に従って取り除けば、そんなに難しいことではありません。
これからお伝えする順番を参考にして、挑戦してみてくださいね。

焼き魚の上手な食べ方

これで魚ギライも回避?!親子で楽しみながら一緒に魚を食べてみよう


魚の頭を左向きにしてお皿に置き、箸で背骨に沿って切れ目を入れる

これで魚ギライも回避?!親子で楽しみながら一緒に魚を食べてみよう


背中とお腹の身を開いて、小骨が付いていたら取り除いてから食べる
お魚さんの背骨が見えてきましたね。
魚の骨をじっくり観察してみましょう!
人間の背骨のように、魚も頭から尾(しっぽ)に向けて真っすぐ太い骨がありますね。

これで魚ギライも回避?!親子で楽しみながら一緒に魚を食べてみよう


尾(しっぽ)からゆっくりと持ち上げて背骨と頭を取る
※小骨が身に残ってしまった場合はここでしっかり取り除く

これで魚ギライも回避?!親子で楽しみながら一緒に魚を食べてみよう


下面の背中とお腹の身を小骨が無いことを確認してから食べる
※背びれや腹びれや内臓がある時は取り除く

これで魚ギライも回避?!親子で楽しみながら一緒に魚を食べてみよう


最後に残った骨は皿の端によせて重ねる

魚の骨が喉に刺さらない様に十分に気を付けて

魚の骨が喉に刺さってしまうと、危険な上に嫌な思い出として残ってしまいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.