くらし情報『「主人からきたLINE」が決め手だった。ドイツ駐在についていくか、日本でキャリアを積むべきか。【初めて尽くしのドイツ生活】』

2019年6月7日 17:50

「主人からきたLINE」が決め手だった。ドイツ駐在についていくか、日本でキャリアを積むべきか。【初めて尽くしのドイツ生活】

この連載は、

ひょんなことから、25歳にドイツで駐在妻となったゆとり世代の筆者が初めての結婚生活・妊娠・出産・子育てを、初めての海外生活で、泥臭く奮闘した「初めて尽くしのドイツ生活」を記した体験談。

目次

・【キャリア?仕事?ゆとり世代でも悩みます】
・【主人からきたLINE】


リアルなドイツ生活や子育てについてはもちろんのこと、「優雅」と言われがちな駐在という立場にいる苦悩や、外から見た日本の「本当にこれでいいの?」と感じる疑問や違和感を綴ります!

子どもだけじゃない、自分のキャリアやライフスタイルを見る視野が1度でも広がり、1mmでも深まるきっかけになれば幸いです。

「いつか海外で働きたい」
と、夢を語る主人と、
「その夢が叶うといいね」
と、応援しつつもどこか他人事だったわたし。

まさか、本当に現実になるなんて夢にも思いませんでした。

【キャリア?仕事?ゆとり世代でも悩みます】

「主人からきたLINE」が決め手だった。ドイツ駐在についていくか、日本でキャリアを積むべきか。【初めて尽くしのドイツ生活】


私たち世代が子供の頃は、共働き家庭が徐々に増え、大学受験ではAO入試や推薦で入学する人が全体の半数を占めるようになりました。「大学で何を学び、将来に繋げたいか」と受験期に考え、大学卒業後に待ち受ける就活では、人生プランを含めた「キャリア」を検討する人も多かったんじゃないでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.