くらし情報『人気ポジションはどこ?ピッチャーが人気でキャッチャーは不人気? 選手のポジションの決まり方【スポ少ってこんなです 7】』

2019年6月13日 20:50

人気ポジションはどこ?ピッチャーが人気でキャッチャーは不人気? 選手のポジションの決まり方【スポ少ってこんなです 7】

との回答も多かったです。ただキャッチャーだけは、意外と(?)人気がないポジションでした(このチームだけかもしれませんが)。防具をつけて座ったままだから? 大変そうな割に地味だからでしょうか。

さて選手の希望を一応聞いてくれたものの、当たり前のことながら、そのポジションにつけるわけではありません。そもそもこのチームのように子どもに希望を聞くチームは珍しいのかもしれません。監督・コーチが、その時々の空いているポジションを考えつつ、子どもの適正をみて決めていくというのが一般的かも。

長男のチームではひとりの負担を軽減させるため、ピッチャーは3人以上。キャッチャーも2人以上。低学年のうちは速い球を投げるとか、肩が強いとかではなく、コントロールが良く、ストライクが入る子がピッチャーをやるようです。内野は比較的小柄ですばしっこい子、大柄で足が早い子が外野をやっていたような気がします。ただ、ひとりを固定するということはあまりなく、だいたい2、3箇所のポジションは出来るように指導しているようでした。

ピッチャーがキャッチャーと交代したり、外野が内野に変わったり、目まぐるしいのが少年野球です。卒団する前にすべてのポジションを経験した子どももいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.