くらし情報『夏の紫外線&熱中症対策講座、「ママの学校」に行ってきました!』

2019年6月18日 12:00

夏の紫外線&熱中症対策講座、「ママの学校」に行ってきました!

Q・日焼け止めは子ども用が良いのか?

夏の紫外線&熱中症対策講座、「ママの学校」に行ってきました!


A・大人用は強いので子どもの皮膚には適していない。子ども用のものを使うように。しかし、子どもは動きがはげしく、こすってしまったりもするので、塗りなおしは必要だと思います。

2時限目は、熱中症の授業。講師は、本田由佳 先生。
夏の紫外線&熱中症対策講座、「ママの学校」に行ってきました!


先ずは、子どもが熱中症かどうかをどのように見分けたら良いのか、ポイントの話。
季節の変わり目は、身体の体温調節が整わず、熱中症になりやすい。特に、熱くなり始めた初日は要注意で、お子さんの様子を気にかけて見ていくことが大事だそうです。

熱中症は、軽症〜重症までの3つに分けられます。
1度…めまい・湿疹・筋肉痛・筋肉の硬直・大量の汗
2度…気分の不快・頭痛・吐き気(お子さんがぐずついていたら要注意)
3度…意識障害・痙攣・体温の上昇(夏が近づいたら、体温を毎日測ることが大切。温度管理をしっかりして、体温が高いようなら、室内環境を見直していく)

熱中症を起こすときの環境は、温度計だけでは分からないそうで、「気温・湿度・輻射熱から計算するWGDP(暑さ指数)」が大切になるそうです。
外出する際には、必ずWGDPをチェックしましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.