くらし情報『周りの理解と心がけはどうしたらいいの?子どもを守るためにきちんと知ってほしい「子どもの食物アレルギー」』

2019年6月19日 11:50

周りの理解と心がけはどうしたらいいの?子どもを守るためにきちんと知ってほしい「子どもの食物アレルギー」

目次

・食物アレルギーとは
・親の心がけ
・子どもに食物アレルギーを教えるには
周りの理解と心がけはどうしたらいいの?子どもを守るためにきちんと知ってほしい「子どもの食物アレルギー」


食物アレルギー患者は、日本をはじめ世界中で増加傾向にあります。
日本に住む1歳児の約10%がなんらかの食物アレルギーを持っていると言われています。
子どもの食物アレルギーは消化器官が発達することにより年齢とともに自然に治ることも多いですが、幼児期や学童期の子ども達で食物アレルギーを持つ子は少なくありません。
自分の子は食物アレルギーが無いからといって無関心ではいられません。
子どもの友達が食物アレルギーを持っているかもしれません。
みんなが正しい知識を身につければ、食物アレルギーがある子もない子もみんなが過ごしやすい世の中になるのではないでしょうか。
そこで今回は、食物アレルギー患者ではないご家庭にも知ってほしい、食物アレルギーについてのお話です。

食物アレルギーとは

周りの理解と心がけはどうしたらいいの?子どもを守るためにきちんと知ってほしい「子どもの食物アレルギー」


食物アレルギーとは、特定の食べ物に含まれるアレルゲン物質に、免疫システムが過剰に反応して、体に不利益な症状が現れることです。
鶏卵、牛乳、小麦は三大アレルゲンと呼ばれており、乳幼児に最も多い食物アレルギーの原因食物です。
また食品衛生法により、患者数が多いか重篤度の高い食品7品目(卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.