くらし情報『子どもたちと南阿蘇へ。日本一長い駅名「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」にも寄ってきました!【ママ鉄・豊岡真澄の親子でおでかけ】』

2019年6月17日 17:50

子どもたちと南阿蘇へ。日本一長い駅名「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」にも寄ってきました!【ママ鉄・豊岡真澄の親子でおでかけ】

この連載は……
元祖鉄道アイドル、いまはママ鉄として活躍している豊岡真澄さんが、お子さんと一緒に「でんしゃ」にまつわるおでかけ情報をご紹介します!

こんにちは、ママ鉄の豊岡真澄です。
ゆふいんの森に乗って、大分県にある由布院へ行ったあとは、バスに乗り熊本県に入りました。子どもたちのリクエストもあり、南阿蘇へ。お世話になっている方々に再会し、色々とご案内していただきました。

子どもたちと南阿蘇へ。日本一長い駅名「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」にも寄ってきました!【ママ鉄・豊岡真澄の親子でおでかけ】


ここは、南阿蘇鉄道の阿蘇下田城ふれあい温泉駅。阿蘇の山々がきれいに見渡せて思わずうっとり。
ですが、視線を変えると見える駅舎に言葉が出ません。

子どもたちと南阿蘇へ。日本一長い駅名「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」にも寄ってきました!【ママ鉄・豊岡真澄の親子でおでかけ】


こちらの阿蘇下田城ふれあい温泉駅は、平成28年4月に起きた熊本地震で最も被害が大きかったところ。レールがないことが写真からもお分かりいただけるかと思います。

子どもたちと南阿蘇へ。日本一長い駅名「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」にも寄ってきました!【ママ鉄・豊岡真澄の親子でおでかけ】


息子が立っているここにも、レールがありました。地震の影響でレールがないこと、この景色を見て子どもたちなりに色んなことを感じてもらえたらと思いました。

子どもたちと南阿蘇へ。日本一長い駅名「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」にも寄ってきました!【ママ鉄・豊岡真澄の親子でおでかけ】


現在は復旧作業も進み、今年中には駅舎のほうはだいぶきれいになるそうです。

このあとは、大好きなあの駅にも行ってきました。そうです、日本一長い駅名!

子どもたちと南阿蘇へ。日本一長い駅名「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」にも寄ってきました!【ママ鉄・豊岡真澄の親子でおでかけ】


南阿蘇水の生まれる里白水高原駅です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.