くらし情報『年に一度の特別なイベント。観客席からの運動会と、走る絵本【Anneママの『絵本とボクと、ときどきパパ』】』

2019年6月18日 11:13

年に一度の特別なイベント。観客席からの運動会と、走る絵本【Anneママの『絵本とボクと、ときどきパパ』】

でも確かに、朝は徒競走のようにバタバタ慌しいものですよね。楽しい作品です。4歳くらいから。

『うさぎとかめ』(イソップ寓話、ポール・ガルドン:え、さがの弥生:ぶん/童話館出版)。

年に一度の特別なイベント。観客席からの運動会と、走る絵本【Anneママの『絵本とボクと、ときどきパパ』】


かけっこ物語といえば、イソップのこれです。かけっこをしようと決めたウサギとカメ。足の早いウサギが油断していると、地道にまっすぐ進んできた亀に追い越されてしまうという有名な物語です。こんな展開は、日常でもよくあり、教訓にもなるので、子どもには是非とも触れてもらいたいお話ですよね。様々なバージョンがあり、選ぶときにはどれにしようか悩むと思いますが、今回は、子供っぽすぎない作品を選びました。このポール・ガルドン版は、抑揚感のある動物画が甘すぎず、語り口も軽すぎず、かといって重すぎず、詩的で文学的です。幼児向けの『うさぎとかめ』が物足りなくなったころにちょうど良いのではないでしょうか。息子にも、また読んで聞かせようかな。お勉強もコツコツやるのが大事だよって。5~6歳から。

最後に、『よういどん』(わたなべしげお:ぶん、おおともやすお:え/福音館書店)。

年に一度の特別なイベント。観客席からの運動会と、走る絵本【Anneママの『絵本とボクと、ときどきパパ』】


はじめての「よういどん」にぴったりの可愛い絵本です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.