くらし情報『我が娘からそのような言葉がでるだなんて…がんばれわたし!苦手なお弁当作り【山本祐布子の「子どものいる風景」】』

2019年6月24日 12:00

我が娘からそのような言葉がでるだなんて…がんばれわたし!苦手なお弁当作り【山本祐布子の「子どものいる風景」】

この連載は……
イラストレーター・山本祐布子さんのエッセイ。ふたりのお子さんと暮らす、家族の日々を綴ります。

vol.38 涙のお弁当

我が娘からそのような言葉がでるだなんて…がんばれわたし!苦手なお弁当作り【山本祐布子の「子どものいる風景」】


わたしはどうやら、お弁当を作るのが苦手なようである。
料理は好きだし、毎日家族や友人のために作って
美味しいと言われることが喜びでもあり、
毎日せっせと台所に立つわたしですが、
お弁当となると、どうも力を発揮できないということが、最近になってはっきりとしてきた。

長女が幼稚園の頃は、毎日お弁当を作っていました。
いわゆる冷凍食品や出来合いのものは、
使わない主義であったけど、それに負けないレパートリーもさっぱりなかったので、2日おきに入れる卵焼き、ゆで卵、
ピクルス、プチトマト(はおかずでは、ない)
茹でたブロッコリー、と、まるで工夫や挑戦と言った、料理の醍醐味が完全に失われてしまうのだ。

なぜかと考えると、それは、
「子供が、単独で、食べる」ものだからかな、
と、思う。
子供には、わかりにくいかな、これでは、食べにくいかな、多すぎるかな、
いつもの料理の何倍も、心配ごとが浮かんでしまう。頑張って作ったって、
美味しくないなんて言われたら、、、
大袈裟だけど、いつもびくびくしてしまう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.