くらし情報『「無理だ、外に行けない」薬すらもらいに行けない私。そこで夫の上司が言った言葉とは…?【初めて尽くしのドイツ生活】』

2019年6月21日 21:00

「無理だ、外に行けない」薬すらもらいに行けない私。そこで夫の上司が言った言葉とは…?【初めて尽くしのドイツ生活】

でも、在庫がないなら仕方ない。まだ残りがあるから、明日までは大丈夫か。と日を改めて行くことに。

そして、翌日。
約束の薬を取りに行こうと立ち上がると、体の倦怠感と気持ち悪さを感じました。

「無理だ。外に行けない。」

頑張ることができない。
なんだ、たった薬ひとつも取りにいくこともできないのか。わたしはなんて惨めなのだろう。
でも、薬が無いとご飯が食べられない。
どうにかしないと…
そう思ったわたしは、申し訳なさを感じつつ、仕事中の主人に連絡。

「とても外にでられなくて、薬を取りにいってきてもらえない?」

「わかった。調整して、昼休みに取りに行ってくる」

と、返信があり、仕事をする主人に迷惑をかける負い目を感じながら体を休めていると、追加で連絡が。

「自宅で仕事をする許可がおりたので、今すぐ帰るね」

【一方、主人は…】

※ここから、主人サイドでお届けします。

「無理だ、外に行けない」薬すらもらいに行けない私。そこで夫の上司が言った言葉とは…?【初めて尽くしのドイツ生活】


場所は、オフィス。
個人に割り当てられた仕事部屋で、パソコンと向かい合っていると携帯に妻からのLINE通知が。

「とても外にでられなくて、薬を取りにいってきてもらえない?」

時間は、午前11時くらい。
早めのランチを取らせてもらって、薬局に行って、自宅に帰って、急げば1時間で済ませられるな。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.