くらし情報『ポップコーンはどうして膨らむの?子どもと作りながら観察してみよう!』

2019年7月3日 12:01

ポップコーンはどうして膨らむの?子どもと作りながら観察してみよう!

目次

・ポップコーンがはじける仕組み
・ポップコーン(チョコ風味、のり塩味、カレー味)の作り方
・最後に
ポップコーンはどうして膨らむの?子どもと作りながら観察してみよう!


子どもから大人まで、みんなが大好きなポップコーン。
映画館やテーマパークなどでよく売られていますが、自宅で簡単に好きな味のポップコーンを作れるって知っていましたか。
ポンポンと勢いよく弾けて膨らむポップコーンですが、いったいどういう仕組みで膨らんでいるのでしょうか。
それでは、ポップコーンが膨らむ仕組みと3つの味の簡単手作りポップコーンの作り方をお伝えいたします。

ポップコーンがはじける仕組み

ポップコーンはどうして膨らむの?子どもと作りながら観察してみよう!


ポップコーンになることができるのは、とうもろこしの中でも爆裂種という種類のみです。
私たちが普段食べているスイートコーンではポップコーンにはなりません。
爆裂種のとうもろこしを乾燥させたものを加熱することで、ポップコーンが出来上がります。
爆裂種の粒の皮は非常に硬くて分厚いのが特徴で、内側の中心部分には柔らかくて水分を含んでいるでんぷんが入っています。
この粒に熱を加えると、内側の水分が水蒸気になって膨らもうとしますが、固くて分厚い皮に覆われているため、なかなか水蒸気になれず膨らむことができません。
圧力鍋と同じような状態ですね。
しかし、さらに熱が加えられることで水蒸気になろうとする圧力が高まり、皮が圧力に耐えられなくなって一気に爆発して中心部の白いでんぷんが膨らんで出てきてポップコーンになるというわけです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.