くらし情報『親世代のときと学校評価は大きく変わっている!?よく聞く「御三家」とは【今から知っておきたい中学受験のイロハ】』

2019年7月9日 18:00

親世代のときと学校評価は大きく変わっている!?よく聞く「御三家」とは【今から知っておきたい中学受験のイロハ】

第3回私立中高一貫校ってどんな学校?

目次

・第3回私立中高一貫校ってどんな学校?
・よく聞く「御三家」とは
・学校の評価は、親世代のときとは大きく変わっている
親世代のときと学校評価は大きく変わっている!?よく聞く「御三家」とは【今から知っておきたい中学受験のイロハ】


よく聞く「御三家」とは

中学受験について情報を集めると、「御三家」という言葉が耳に入ってくるのではないでしょうか。私立中高一貫校における御三家とは、レベルも人気も高いブランド校のこと。男子校の御三家といえば、開成・麻布・武蔵、女子校なら桜蔭中・女子学院・雙葉が不動の人気です。入学時の偏差値も高いですが、卒業時の進学実績、具体的に言えば東大進学率の高さを誇る、最難関校と言っていいでしょう。

校風や教育方針はそれぞれに異なります。たとえば開成は、教科書の枠にとらわれない幅広く深い学びが特徴。麻布は「自主・自立」を建学の精神とし、制服はなく自由な校風が特徴。武蔵は他の2校に比べるとさらに自由な校風で、受験勉強よりも、自分の好きな分野を深く学ぶことが好きな生徒が多い印象があります。

女子の御三家では、ダントツの東大合格実績を誇るのが桜蔭。女子学院はプロテスタント系の学校。制服がなく、自由闊達な校風です。雙葉はカトリック系で落ち着いた学校。などなど、偏差値や進路実績だけではわからない、その学校らしさというものが厳然とあり、それが学校のブランドイメージを形作っているのです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.